大学受験に失敗した学生への接し方|性格別に正しい対応をしよう

受験

皆さんの周りには大学受験に失敗した学生はいませんか?

大学受験に失敗はつきものですが、いざ友達や身内の学生が落ちてしまうと接し方には困ってしまうものです。

この記事では、受験に失敗した学生にはどのように接するのが良いのか学生の性格別にご紹介します。

 

スポンサーリンク

受験に失敗した学生への対応は難しい

受験失敗はこれからの人生設計に大きな影響を及ぼす出来事になります。

多くの高校生は大学受験に受かった際のイメージを持っていますが、落ちた際のビジョンを持っていません。

そのため、受験失敗とともに大きなショックと不安に包まれてしまうのです。

また、高校生の中には受験失敗が初めてに挫折になる人もいます。

初めての大きな挫折には人生の糧になります。

この成長のチャンスを無駄にさせないよう接し方には気をつけましょう。

 

 

受験に失敗した学生への接し方

落ち込んでいる相手を変に励まさない

受験は非常に厳しく過酷な戦いです。

受験生の中には自身の力不足を実感しながらも夢のためにチャレンジ受験をする学生もいます。

受験当日にセンター試験会場や大学に集まるほとんどの学生は血の滲むような努力をしてきました。

そのため、大学受験失敗した学生は非常に落ち込んでしまうのです。

酷く落ち込んでいる人には周囲からの励ましが苦になることもあります。

自分の失敗について真剣に悩み考えている最中に他人から声をかけられ、不快な思いをした経験はありませんか?

受験に失敗した学生も同様で「どうして失敗したのか」「自分の何が悪かったのか」などと考えている最中にしつこく声をかけられると嫌な思いをします。

これによって人として成長するチャンスを逃してしますこともあるのです。

気遣いや励ましがマイナスにならない様、気を付けましょう。

 

話したそうな相手には愚痴を聞く

落ち込んだ際には、とことん話してすっきりするタイプの人もいます。

そういったタイプの学生には話を聞いてあげるのが効果的です。

単に受験失敗の話を聞くと言っても相手は難しい年頃ですから簡単なことではありません。

話は聞いてもらいたいが、変にアドバイスをされたり、注意をされることを嫌う人もいます。

一度励ますと決めた以上は、受験に失敗した学生が偏った意見や甘い考えを言っても、口を挟まないよう気を付けましょう!

静かに最後まで聞くようにしましょう。

 

一人で落ち込みたい人はそっとしておく

落ち込んだ際には誰にも声をかけられない環境で静かに落ち込みたいと思う人もいます。

近年の学生にはこういったタイプが多く見られます。

一人で落ち込みたい人には極力そっとしておき、声をかけないようにしましょう。

心配で声をかけたい気持ちも分かりますが、それを控えることが大切です。

受験失敗によって周囲に気を配る余裕が無いほどに落ち込んでいれば、例え親心と分かっていても、イライラしてしまうものです。

受験失敗の辛さと葛藤している学生に必要以上の声かけによって更なる負担を加えないよう気をつけましょう!

 

 

提案をするなら解決策も示す

落ち込んでいる相手にアドバイスや提案をするのであれば、必ず具体的な解決策を示すようにしましょう。

頭の整理ができていない人にとって抽象的な提案は更なる困惑を招くことになります。

更に相手は子供です。

進路への不安が大きなうえに具体的なビジョンも持っていません。

受験に失敗した学生の中には「何とかなる」といった楽観的な考えを持つことができず、「受験に落ちたからもう人生は終わりだ」と思ってしまう人もいます。

こういった学生にアドバイスをするのであれば、「他にもこういった選択肢がある」「予備校に通ってもう一回挑戦してもいい」と具体的な提案をしましょう。

決して「まだ若いから何にでもなれる」「次は受かるから頑張れ」といった曖昧な励ましをしないよう気を付けましょう!



このエントリーをはてなブックマークに追加

受験
スポンサーリンク
スポンサーリンク
キャンパス・ライフ

コメント