受験当日に必要な物、あると良い物【先輩からのアドバイス】

受験

受験当日の失敗は焦りや緊張に繋がり、非常に痛手となります。

しかし、受験当日は誰もが緊張で視野が狭くなって気が行き届かなくなります。

この記事では私の実体験に基づき、受験当日に必要な物とあった方が良いものをまとめました。

受験前のチェックシートとして使ってください。

 

スポンサーリンク

受験当日に必要な物

1.受験票

受験票を忘れると会場で仮の受験票を作成してもらう必要があります。

みんなが自習室で最終確認をしている間に別室で書類の記入をしなければなりません。

受験当日のトラブルは焦りにつながります。

緊張する心を落ち着かせて会場入りしたのに受験票で大慌てするのは勿体ないことです。

必ず前日の夜と当日の朝に確認するようにしましょう!

 

2.筆記用具

BやHBの鉛筆があると早くマークができるのでおススメです。

数学を解く際にシャーペンがあると小さなスペースでも計算ができるので、鉛筆、シャーペン、消しゴムを用意しましょう。

鉛筆は芯が折れたら使えないので、鉛筆削りも持っていって行くと良いです。

私がセンター試験の時に持っていったのは鉛筆5本、シャーペン3本、消しゴム2個でした。

 

3.眼鏡、コンタクト

試験会場では黒板に注意や試験時間が書かれることがあります。

これは座る席にもよりますが、試験会場が広い場合は目が悪い人では全く見えません。

特に忘れやすいのは眼鏡です。

普段から使っている人は問題ないのですが、頻繁に付けたり外したりする人は注意が必要です。

実際に私の試験会場でも眼鏡を忘れて困っている学生がいました。

気をつけましょう。

 

4.時計

受験会場の多くでは時計が外されているため、試験時間や進度を知るためにも時計は必要です。

時計は忘れてしまっても人に借りる事ができないので、精神的余裕がなくなり大急ぎで解かなければなりません。

欠けた注意力では良い点数は取れません。

 

5.弁当

眠くなるからといった理由でお昼を食べない学生は少なくありません。

しかし、昼食を食べないと脳の疲労と集中力は回復しません。

お昼を抜いて勉強をするより、軽めの昼食を摂って試験前まで寝ていた方がスッキリとした頭で試験に臨むことができます。

しっかり勉強を積み重ねてきたなら試験直前の最終確認はしなくてもバッチリなはずです。

 

6.飲み物

人間は喉が乾いた状態では脳の回転と反応スピード、集中力までもが落ちてしまうのです。

これはアメリカやイギリスの大学を始めとする多くの研究でも証明されていることです。

脳が『体内水分量が不十分だよ』といった信号を送りながら試験問題も考えることになると思ってください。

 

7.防寒具カイロなど

1月の試験室は寒いことが多いです。

例え暖房が入っていても、足元はかなり冷えます。

そうなると試験に集中できないだけでなく、足がむくんで痛む、体調を崩すといった問題も起こってしまいます。

 

実際に私が受験した会場も足元が寒くて大変でした。

必ず膝掛けは持って行くようにしましょう!

 

8.受験案内の冊子

受験前には受験会場の地図、試験時間、受験を受ける際の注意点などが書かれた冊子が渡されます。

当日に忘れてしまっても問題はありませんが、お昼休憩で外に出ていたら試験時間に遅れてしまった!なんて事があったら大変です。

必ず持って行って時間を確認しましょう!

 

受験当日にあると良い物

1.現金

試験会場まで電車やバスを利用する学生は往復分の運賃は忘れずに持ちましょう。

お金を持っていれば、飲み物やお昼の買い忘れがあったときに対応できます。

他の準備をしっかりしていれば必要ありませんが、持っていた方が安心です。

 

2.参考書

受験の不安を解消するために参考書を持っていくのは有効な手段です。

試験前の10分程度に勉強をしてもほとんど意味はありません。

しかし、他の学生が勉強している姿を見なくてするために緊張防止に繋がります。

私の場合、参考書は持って行きましたが、自由時間は寝て過ごしたので一度も開くことはありませんでした。

 

3.薬

体調を崩した、緊張でお腹を壊す、持病があるなど理由は様々ですが、必要な薬は忘れずに持っておくべきです。

試験に影響しないように自己管理は入念に行いましょう。

 

4.指サック

試験中はページをめくる事が多いので、指サックがあると便利です。

間違えてページを飛ばしていたなんて事があっては試験に集中できなくなってしまいます。

私の経験上、指サックは試験勉強の時から使うのがオススメです。

 

5.ティッシュ

試験当日は会場の冷たい空気で鼻水が止まらなくなる事もあります。

実際に試験会場では頻繁に鼻をすする音が聞こえてきます。

そんな時のためにティッシュはあった方が良いです。

 

6.砂糖菓子

脳は人間の器官の中でも最もエネルギーを消費します。

そのため、全力で試験に臨むとひと教科が終わるごとに大きな疲労を感じます。

そのため飴やチョコレートなどの糖を含むお菓子を用意しておくと良いです。

 

 

しっかり準備することも受験対策

受験当日に忘れ物をする人は少なくありません。

人生を左右しかねない大切な日にも関わらず、忘れ物をするのは緊張と受験のプレッシャーでいっぱいになっているためです。

自分は大丈夫と思い込んで当日に痛い目を見るようなことがないようにしっかりと準備をしましょう!

 

 

関連記事にこちらもどうぞ

同じような勉強をしていても、効率の上げの方を知っている学生と知らない学生では勉強の効果に差が生まれます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

受験
スポンサーリンク
スポンサーリンク
キャンパス・ライフ

コメント