数学の苦手を克服する勉強法|効果的な方法で数学に取り組もう

受験

学生の皆さん、数学の勉強は得意ですか?

中学までの数学はなんとかこなせたという方でも、高校の数学で壁に直面する学生は非常に多いです。

数学のできる人とできない人では、考え方や発想力といった根本的な部分に差があり、これをカバーするにはかなりの努力が必要になります。

しかし、数学を苦手から一般レベルまで引き上げる事は非常に簡単なのです。

今回は世界で活躍する大学教授の言葉を踏まえて、数学が苦手な生徒が数学とどう向き合うべきかご紹介します。

 

スポンサーリンク

数学が苦手な原因

抽象的な概念だから

小学校の算数や中学までの数学は簡単に解けていたが、高校数学には手がつけられないという方はいませんか?

特にイメージのしづらい抽象的な範囲を苦手とする高校生には、このパターンが多いです。

具体的な物の数でないとイメージができない、二次曲線から混乱する、微積の文章問題が解けないといった悩みを抱えている場合は抽象的概念を苦手とする傾向を持っています。

どのように克服するのかをご紹介します。

 

パターンで解いているから

大抵の場合、中学までの数学は数えきれるパターン問題です。

そのため、この問題はこうやって解くといったパターンを覚えてしまえば、内容を理解していなくても容易に満点を取れるのです。

塾講師として高校生の数学を見ているとこういった方法で勉強をしている人が多いです。

確かに、この勉強法で数学を覚えている中学生、高校生は学習後間近のテストでは良い点数を取ってきます。

しかし、問題に少し手を加えたり期間を空けて出題してみると話にならない点数を取る学生が多いのです。

その理由で多かったのが、「いつもの出題形式じゃなかったから」でした。

 

難しい問題ばかり解いているから

中学生や高校生の数学の勉強を見ていると、難易度の高い問題を答えを見ながら解いている学生を見かけます。

難しい問題を解くことで局所的なパターンと達成感を得ることができます。

もし、試験で同じ問題が出れば他の学生が点数を落とす中で自分だけ得点することができます。

しかし、難しい問題を答えを見て解くことは勉強として効率が悪いのです。

中学から高校までのテスト、更には大学受験までほとんどの問題は基本レベルだからです。

テストに出る可能性の低い発展問題を中心に学習して基本を疎かにするよりは、基本問題を100題出されたら100題とも解ける力を身につけた方が勉強の効率は良いです。

しかし、難しい問題に頭を使う事も必要です。

その方法については以下でご紹介します。

 

綺麗なノートを作って満足しているから

中高生の中でも特に女の子に多いのが、綺麗な数学のノートを作って勉強した気になる学生です。

『一度書いたノートを見て、定規やコンパスを使って別のノートに書き写す』

綺麗にまとめることに集中して、演習の時間を割くこの勉強の仕方に果たして意味はあるのでしょうか?

また、最近ではTwitterなどのアプリを利用して『勉強垢』というアカウントを使う学生がいます。

自分の成長とモチベーションのために利用する事には大賛成ですが、これにアップするための綺麗なノートを作っている学生には呆れてしまいます。

ノートはメモ程度に考えて、どんどん演習をする方が勉強効率が良いのは明らかです。

 

数学の苦手を克服する方法

では、数学の苦手を克服するためにはどのようなことをすれば良いのでしょうか。

ここからは数学の苦手を克服する方法をご紹介します。

 

基本問題を完璧にする

先にも書いた通り、発展問題ばかり解いていても数学の苦手を克服することは難しいです。

発展問題の答えを見ながら覚える方法ではアウトプットの機会が圧倒的に少なく、インプットした情報が役立つ機会も同様に少ないからです。

数学が苦手という学生は、1分以内で何問も解けるような基本問題から始めてみてください。

「基本なら解ける!」と思っていても、教科書を一周してみると数箇所から数十箇所のミスをするものです。

まずはこのミスをゼロにしましょう。

期間を空けながら解き直し、基本問題では絶対にミスをしないレベルまで数学の力を上げましょう。

基本だけでは不安になるかもしれませんが、高校入試でも大学受験でも出題のほとんどが基本レベルです。

学校の先生が作る定期テストで点数を取れても仕方がありません。

受験当日で点数を取れる勉強の仕方に変えただけと思って続けてみてください。

 

頻繁に数学に触れる

数学が苦手な学生は毎日1時間でも良いので、数学の問題に触れてください。

決して難しい問題を解く必要はありません。

基本レベルも問題でも高頻度で触れている事で、次第に解法の意味や筋道が分かるようになってきます。

これにより手をつけられる発展問題の種類が増えるというメリットもあります。

今や世界的数学者となった大学数学の准教授も提唱するのが、この方法です。

毎日数学のことを考える事で、苦手意識が薄くなり次第に点数が上がっていくとのコメントをしています。

まずは1日1時間数学に触れる時間を作ってください。

 

解法の意味を知る

数学を苦手としている学生に多いのが「何が分からないのかが分からない」「解法で何をしているのかが分からない」といったコメントです。

これは使用している解法の意味を理解していないために出る疑問であり、パターンと記憶で解いている学生に多く見られる傾向です。

高校で習う数学の解法には必ず意味があり、それを知ってしまえば、どこで使うべき解法なのか、この問題ではどの解法を使うべきなのかがはっきりと分かるのです。

学習した単元の中で意味や使い方のよく分からない解法がある場合は教科書をよく読み、理解するようにしましょう。

また、書店では教科書より易しいレベルの参考書があります。

教科書を読んでも分からない単元がある場合は、そういった参考書を使用するのもおすすめです!

 

じっくり解く時間を設ける

先にも書いた通り、難しい問題を答えを見ながら解くのは数学の勉強法としては非常に効率が悪いです。

難しい問題を解く際には、じっくりと時間をかけて解くことが大切です。

毎日何問も解く必要はありません。

1週間に1問でも3日に1問でも良いので毎日数十分を費やし、完答を目指すようにしましょう。

毎日じっくり数学に向き合う時間を作ることで、頻繁に数学に触れることもできます。

ある程度力が付いたら実践してみてください。

 

 

数学の苦手を克服しよう

如何でしたか、数学の苦手は以上のような方法を実践することで克服することができるのです。

実践後にすぐ点数が伸びる人もいれば数学の苦手を克服するのに半年以上かかる学生もいます。

自分はどれくらい数学が苦手なのか、自分にはどれくらいの期間が必要か予想して早めに対策するようにしましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

受験
スポンサーリンク
スポンサーリンク
キャンパス・ライフ

コメント