カフェバイトに憧れる大学生必見!カフェで働くメリット・デメリット

仕事

カフェでアルバイトをしたいと思っている大学生はいませんか?

お洒落なイメージのあるカフェバイトですが、始める前にそのメリットとデメリットを知っておくべきです。

この記事では、カフェバイトを考えている大学生向けの情報を紹介します。

 

スポンサーリンク

カフェバイトは大学生に人気

カフェでアルバイトをすることに憧れる大学生は非常に多いです。

カフェバイトに憧れる大学生はカフェバイトに『お洒落』『充実感』『出会い』など多くの良いイメージを持っているようです。

実際に大学近くのほとんどのカフェでは大学生が働いています。

また、バイトの話をした際にも「カフェでバイトをしてるよ」といった時の周りの反応は良いもので、会話のネタにも自慢することもできます。

 

 

カフェバイトの主な仕事

ではカフェバイトにはどんな仕事があるのかご紹介します。

基本的なカフェバイトの仕事
【共通】接客、雑務

【キッチン】調理、盛り付け、食器洗い

【ホール】注文を取る、レジ打ち、注文運び、食器の片付け、店内やトイレの清掃

以上がカフェバイトの基本的な仕事になります。

また、チェーン店のようなアルバイトが主体になることのある店舗ではバイトが 軽食を作る 、ドリンクの提供、ポップの作成といった仕事を行うこともあります。

細かい仕事内容は店によって変わります。

 

 

カフェバイトのメリット

カフェでアルバイトをすることのメリットをご紹介します。

 

接客を学ぶことができる

カフェバイトには接客を学べるといったメリットがあります。

カフェバイトは接客業ですから接客の仕方を覚えることから始まります。

お客様に快適に過ごしてもらうための言葉遣いや注文の取り方、トラブルへの対応の仕方など、一から学ぶことができます。

これは他のアルバイトをする際だけでなく、社会に出てからも役立つ知識なので、カフェバイトを通して学んでおくと良いでしょう。

また、カフェバイトには接客を学ぶうえでメリットとなる部分があります。

それはファミリーレストランやコンビニのアルバイトと違って多少のミスに対して文句を言う客が少ないということです。

これは働く店や時間帯、失敗の内容、対応する客によって異なりますが、ガラの悪い客が少ないため、多少の失敗をしても笑って許してもらえることが多いです。

自信はないけれど接客業をしてみたいという大学生にはカフェバイトはおすすめです。

 

センスを磨ける

カフェバイトをする際にお洒落な店を選ぶとセンスを磨くことができます。

カフェバイトの内容にはイラストを使ったポップの作成や店内の飾り付けなどが含まれることがあります。

そのため、その店にはどんなポップが合うのか、店内のどこに何を飾るとお洒落に見えるのか考える機会が非常に多いのです。

また、お洒落なカフェでは他の従業員も目の肥えた人ばかりです。

そんな方達からのアドバイスはかなり参考になるはずです。

 

良い雰囲気で働ける

『雰囲気の良いお店でお洒落なBGMを聞きながら優雅に働く』

『可愛らしい制服でお洒落に働ける』

カフェバイトに憧れる大学生はこういったイメージを持っているのではないでしょうか?

カフェでアルバイトをすればそういったメリットを体験することができます。

(もちろんイメージ通りにいかないお店もありますが、バイト先を良く選んでおけば理想通りの環境で働くことができます)

カフェはお客様に快適に過ごしてもらうための空間ですが、アルバイトでもそれに近い雰囲気を味わうことができるのです。

ファミレスや居酒屋のバイトとは異なり、カフェバイトでは店内で大騒ぎする客も店員に絡んでくる客も少ないです。

そのため、おとなしい大学生にも働きやすい環境と言えます。

 

カフェのメニューが作れるようになる

カフェメニューが作れるようになるのは、カフェバイトの大きなメリットの一つではないでしょうか。

カフェバイト中に美味しいコーヒーを見つけたり上手な淹れ方を教えてもらえば、自宅でもプロの技を再現することができます。

これはコーヒー好きの大学生にとっては非常に嬉しいメリットです。

また、キッチンスタッフとして働くことになると、その店のフードメニューまで作れるようになります。

バイト先のカフェメニューのほとんどを再現できたら周囲から喜ばれるだけでなく、かなりの自慢にもなりますね。

 

 

カフェバイトのデメリット

カフェのアルバイトにはメリットばかりではありません。

ここからはカフェバイトのデメリットをご紹介します。

 

カフェバイトは忙しい

一見楽そうにも見えるカフェバイトですが、意外にも重労働が多いというデメリットがあります。

仕入れたコーヒー豆や食材を運ぶのは、その重さに一苦労しますし、忙しい時間帯では素早く正しい対応をすることが求められるので、精神的にも肉体的にもかなり疲れます。

1日中立ちっぱなしか店内を動き回っていることが多いため、足や腰に疲れが溜まりやすい仕事でもあります。

「楽そうに見えるからカフェでバイトをしたい」と考えている方はこのデメリットがあることに注意が必要です。

 

シフトに融通が利きにくい

忙しいカフェのバイトでは、シフトに融通が利きにくいというデメリットがあります。

大学生の中には講義やテストが難しい学部に所属しているため、テスト前はバイトに入らず勉強に集中したいと思う方もいるでしょう。

しかし、カフェは常に忙しいうえにギリギリの人手であることが多いため、テスト期間でもシフトを入れられてしまうことがあります。

忙しい講義や単位がギリギリの講義がある場合、シフトがテスト日と重なりそうな場合はカフェバイトをしない方が良いです。

また、大学生活に影響を及ぼさずにカフェバイトをしたい方は事前にその旨を伝えておくことが大切です。

バイトで学業に悪い影響を及ぼさないように注意しましょう!

 

洗い物は手荒れがひどい

大きな飲食店であれば食洗器で全て洗ってしまうことが多いですが、カフェでは手洗いが多いです。

そのため、カフェバイトで洗い物を担当するとかなり手が荒れます。

洗い物が多ければ夏でも手荒れは酷く、冬はさらに大変になるのでハンドクリームを使ったり手袋をするなど対策をする必要があります。

仕事中に手荒れがひどくなっても辞めるわけにはいかないので、肌が弱い方は注意してください。

 

 

カフェバイトは挑戦してみる価値あり

如何でしたか、以上がカフェバイトのメリットとデメリットです。

カフェバイトにはデメリットといえる部分もありましたが、他のアルバイトに比べて比較的仕事がしやすいです。

もし、カフェでのアルバイトが自分に合わず「辞めたい」と思ったら辞めてしまえば良いのです。

他のカフェで働くという選択もあります。

カフェバイトを考えている大学生は気楽な気持ちを持って一度経験してみると良いでしょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
キャンパス・ライフ

コメント