知っておきたい!挫折からの立ち直る4つの方法

ライフスタイル

仕事や勉強、恋愛において、思ったようにいかなかったり、大失敗をして挫折を感じることは多々あります。

一度でも大きな挫折を感じてしまうと、失敗への恐怖心が生まれ、新たな挑戦ができなくなることもあります。

この記事では、挫折を感じたときに立ち直る方法を上げています。

  

スポンサーリンク

挫折からの立ち直る方法

1.なぜ失敗したのか原因を考え再発を防ぐ

失敗による挫折から立ち直るには、失敗した原因を突き止め、再発を防ぐことが有効です。

どうして自分が失敗してしまったのか、その理由を突き止め、繰り返さないためには何が必要なのか考えることで、立ち直る勇気と次への自信が生まれます。

失敗の再発を防ぐ努力をしないと、失敗への恐怖心だけが募ってしまいます。

これでは好きなことも苦になってしまいます。

人間である限り必ずミスはします。

ここで、失敗を恐れて何もできなくなると『成長もしない使えない人間』になってしまいます。

同じ失敗を防ぐことで、ミスをする頻度を減らし失敗を恐れない期待される人になりましょう!

 

 

2.話を聞いてもらう

挫折の中には理不尽なものや納得できないものも多くあります。

「どうして私だけが責任を問われるの?」、「今回のミスはあの人のせいなのに、、、」といった不満を抱くことは多々あります。

そういった不満は一人で溜め込まず、人に話してスッキリしましょう!

自分を理解してくれる人に話して、共感してもらうことで「やっぱり自分は間違っていない!」、「ちゃんと分かってくれる人もいる!」と実感することができます。

 

経験豊富な人に話せば、愚痴を聞いてもらえるだけでなく有効なアドバイスをもらうこともできます。

何でも話せる友人は作っておきましょう!

 

 

3.気分転換をする

普段できないことや好きなことをして、気分をリフレッシュするのは挫折から立ち直るために有効な手段です。

平日は仕事で忙しいという方は、休日を上手に使ってリフレッシュしましょう!

ジムで運動をしたり映画を観たりと好きなことを徹底的に実践することで普段の忙しさを忘れ、気持ちを新たにすることができます。

リフレッシュして新たな気持ちを持つことには、

  • ストレスを解消できる
  • ストレスに強くなる
  • モチベーションが維持できる

といったメリットもあります。

 

再び挑戦する元気を取り戻すためにも試してみてください!

 

 

4.何もしないで休む

挫折をしたり、 酷いショックを受けたときに最も有効な手段は休息をとることです。

1日中何もしない日をつくったり、普段はできないほど長時間の睡眠をとることで、肉体的疲労だけでなく精神的疲労からも解放されます。

仕事や学校で忙しくてどうしても休息が取れない方は、いっそのこと休むこともオススメです。

同僚や同級生たちが忙しく過ごしている中で自分だけ休みを取ることに抵抗を感じるかもしれません。

しかし、失敗を恐れて積極性を失った状態では良い仕事はできません。

 

高い意識とモチベーションを維持するために思い切って休みをとることも大切です。

 

大切なのは結果を出すこと

仕事や勉強で最も大切なのは、結果を出すことです。

しかし、大きな挫折やそれによって生まれた恐怖心は目的達成までの障害になります。

『挫折を感じたらすぐに立ち直る』を意識することで挑戦を恐れない強い人になることができます。

よい結果を出せるよう、この記事を参考にしてください。

 

 

関連記事にこちらもどうぞ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライフスタイル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
キャンパス・ライフ

コメント