消費税増税にはどんな効果があるの?増税のメリット・デメリット

ライフスタイル

日本人であれば知っておきたい消費税ですが、その利点をご存知でしょうか。

また、近年の消費税増税によって社会にどんなメリット、デメリットが生じるのかご存知ですか?

この記事では、消費税の強み、増税のメリットとデメリットをご紹介します。

 

スポンサーリンク

消費税というシステムの強み

消費税は、日本で行われる売買に関わった全ての人が租税の対象となります。

そのため、所得の多い少ないに関わらず、全ての国民から購入額の一定割合の税収が可能になります。

また、租税の対象は日本人だけでなく、観光やビジネスで日本を訪れた外国人(訪日外国人)も対象になるのです。

消費税はその性質上、所得には関係ありません。

したがって、所得税のように労働者の労働意欲を削ぐこともないのです。

 

 

消費税増税のメリット

増税によってどんなメリットがあるのか、その代表的な例をご紹介します。

 

社会保障の安定

社会保障には、病院に行った際にかかる医療費だけでなく年金も含まれます。

他にも生活保護や介護保険も含まれます。

その使い方には「如何なものか」との声が上がっている社会保障ですが、毎年莫大な予算が費やされてきました。

しかし、近年の少子高齢化によって社会保障予算は年々大きくなり、予算不足が問題となっていました。

消費税増税はこの予算確保も目的としています。

 

税収の安定

『消費税の強み』で説明したように消費税は税収が安定しています。

そのため、景気の悪化と共に右肩下がりになっている所得税や法人税と異なり、毎年一定の税収を得ることができるのです。

消費税増税をすることのより、この税収を底上げすることができるのです。

また、消費税の一部は地方自治体にも配分されているため、消費税増税では地方の税収も安定するのです。

多くの地方自治体が財政難である状況を考えると、消費税増税は仕方のないことのように思えます。

 

 

消費税増税のデメリット

増税によって生まれるのはメリットばかりではありません。

ここからは消費税増税によるデメリットの一例をご紹介します。

 

消費者への負担が大きくなる

消費税が増税されることにより、家計への普段は大きくなります。

税率が高くなればなるほど、消費者の購買意欲は削がれてしまいます。

この消費税負担の差について考えてみましょう。

富裕層の消費者と貧困層の消費者が同じ買い物をした時、支払う消費税は同じ額になります。

しかし、同じ額であっても富裕層の消費者の方が負担は小さくなります。

つまり、消費税の負担は低所得者ほど重くのしかかるのです。

低所得者ほど消費支出が減り、貧困家庭ではより苦しい生活を強いられることになります。

 

中小企業への負担が増す

消費税増税に伴って耳にするのが『駆け込み需要』という言葉です。

駆け込み需要とは増税のような価格の上昇に伴って、値上がり前の購買活動が活発になる事です。

「購買活動が活発になるのは良いことだ」と思う方もいるかもしれません。

しかし、多くの消費者が買いだめをすることによって増税後には購買活動を控える現象が見られます。

この駆け込み需要による消費の落ち込みは企業に大きなダメージを与えます。

大企業であれば駆け込み需要のダメージに耐えることができますが、中小企業であれば耐えかねて倒産してしまうこともあるのです。

中小企業が多い日本にとってはかなりの痛手になります。

 

 

いかがでしたか、以上が消費税増税の代表的なメリットとデメリットです。

国が予算の使い方を見直さない限り、増税は続くとの見方もあります。

消費税によるデメリットで私たちの生活がより一層厳しいものにならないよう、国に対策を求めたいところです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライフスタイル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
キャンパス・ライフ

コメント