社会人必見!頼りになる人の特徴5つ

ライフスタイル

仕事をするにしてもプライベートでも人に頼られる人は多くの人に慕われ、輝いて見えます。

仕事のスキルも高く、アドバイスも的確で参考になる、そんな憧れの人物に近づくためには何が必要なのでしょうか?

自分には何が足りていないのか知りたいですよね。

 

この記事では人に頼られる人が持っている特徴をあげました。

 

スポンサーリンク

頼りになる人の特徴

1.自信と決断力があり、周囲より先に行動する

頼られる人は自信と決断力を持っています。

いざという時に誰よりも先に行動を始め、問題解決へと努めてくれる人は頼りになりますよね。

そのような人は、自分の考えびに自信を持っているため、自分の意見をしっかりと主張する事ができるのです。

自分の意見をはっきりと言い合うことは互いのモチベーションを高くし、相互理解にも繋がるため集団としての団結力が生まれます。

  

特に問題の解決、新しい企画の提案、社内での改善点など様々な意見を求められる会社という集団においては、自信を持った発言と行動力は重要です。

 

 

2.対応に余裕がある

頼られる人には常に冷静であり、対応に余裕があるという特徴があります。

これは、様々な課題やトラブルに対応して多くの知識を蓄えているからです。

経験も知識もない人が変に余裕な雰囲気を醸し出していると、『手を抜いている』、『危機感がない』と言われてしまいます。

ここが頼られる人と頼られない人が大きく異なるポイントです。

 

豊富な経験と知識は自信にも繋がります。

頼られる人になるために多くの経験をして、幅広い知識を得るようにしましょう!

 

 

3.強い正義感を持っている

頼られる人には強い正義感があり、周囲が正しいと認識する選択ができます。

これは非常に大切なことで信頼や成長に繋がります。

費用の管理や重要な仕事を頼む場合、正義感に欠ける人に頼むより正義感のある人に頼みたいと思うのは当然のことです。

そうなると、強い正義感を持つ人は重要な仕事を多く任され、豊富な経験と知識を蓄えて更に信頼される人になる事ができるのです。

また、強い正義感を持ち自分の意見をはっきり伝えることができる人は、間違っていることに対して言及することができるため、同じ意見を持つ集団においてリーダー的存在になりやすいのです。

 

 

4.人を思いやる気持ちを持っている

人に頼られる人は、問題が生じた時に当人の立場になって考えてくれます。

人の気持ちを理解し、当人の意思を尊重する事は他人への押し付けを抑制し、自分を見つめ直す機会にもなります。

自分の考えに自信を持つことは信頼されるために必要なことですが、それが相手への押し付けになってしまえば、信頼には繋がりません。

 

主張の中にも相手の気持ちを考える心が必要ということです。

 

 

5.安心感を与えることができる

人は自分を守ってくれる相手に信頼と安心感を抱き、その相手と一緒にいる事で精神的な安定を覚えます。

特に自分自身や自分の意見に自信のない人は常に不安を感じています。

そのため、頻繁に的確な助けをしてくれる人が特別な存在となるのです。

 

安心感を与える事ができる人は『自信を持っている』、『対応に余裕がある』、『強い正義感を持っている』、『思いやりを持っている』といった他の要素を兼ね備えています。

そのような存在になれるよう努力しましょう。

 

 

頼られる事は自分を成長させること

いかがでしたか、頼られる人の5つの特徴のうち何個が当てはまりましたか?

頼られる人は重要な仕事を多く任されたり、人を助けることで豊富な経験と知識を蓄える事ができます。

また、周囲の反応も良くなるため居心地よく仕事に取り組む事ができます。

 

この記事を参考に頼られる人を目指してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライフスタイル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
キャンパス・ライフ

コメント