今日から変われる!積極的になる5つの方法

ライフスタイル

積極性は仕事をするにおいてもプライベートにおいても重要です。

積極的に物事に取り組める人と消極的な人とでは信頼や経験だけでなく、人生の満足度にまで大きな差が出るのです。

消極的なことをコンプレックスに感じている人も少なくありません。

この記事では消極的な人も説教的になれる5つの考え方を紹介します。

 

スポンサーリンク

積極的になる方法

1.挑戦する勇気を持つ

積極性のない人は挑戦を避ける傾向があります。

多少面倒なことや難しい問題に直面した時、すぐに人に助けを求めたり諦めたりはしていませんか?

何事にも挑戦する癖をつけなければ積極性は身につきません。

これまでの人生で挑戦を避けてきた人にとっては難しいことかもしれません。

何事にも物怖じせず挑戦するコツは、自分を客観的に見ることです。

例えば、ボランティア活動に参加しようと思っている場合、消極的な人は「責任をもってできるかな?」、「その場の人と打ち解けられるかな?」などと考えてしまいますが、これは主観的なものです。

しかし、客観的に捉えると『ボランティア活動への参加を考えている』ということ自体が素晴らしいことなのです。

ゲーム内のキャラクターを操作するような客観的感覚で物事を見てみると意外にもそのハードルは低いものです。

焦って直す必要はありません。

毎日1つずつ挑戦の回数を増やしていきましょう。

失敗することより、失敗を恐れて挑戦しないことの方が人生においては過ちとなります。

 

 

2.コミュニケーションを楽しむ

積極的な人の多くは社交性があり、コミュニケーションを得意とします。

友好的であるということは、それだけで周囲に良い印象を与え更なる交友関係の構築に繋がります。

反対に消極的な人は、流暢に話せなかったり笑顔が苦手だったりと、コミュニケーションをとることに抵抗を持っている傾向があります。

この抵抗をなくすのは非常に難しいことですが、1つのヒントを提示しますので参考にしてください。

コミュニケーションを得意とするためには、なりたい自分になりきってみることが有効です。

『いつも笑顔で対応して周囲の雰囲気まで和やかにするような人』になりたい場合は、それになりきって笑顔を絶やさずに優しい雰囲気を出していればよいのです。

これはあるカウンセラーの方から教えていただいた方法で、なりたい自分を意識してなりきっていると、自然とそのような性格になれるというものです。

新学期や年明けなど気持ちが新たになるタイミングで行うと効果的です。

 

まずは、なりたい自分を何日続けるのか目標を決めましょう。

いつの間にかコミュニケーションも楽しめるようになっているはずです。

 

 

3.失敗を恐れずに物事を楽しむ

積極性を持った人になるためには挑戦が大切と書きましたが、挑戦を楽しむことも重要なことです。

せっかく自分を客観視して行動できるようになっても、それを楽しめなければ「自分にもこんな素晴らしいことができるのか」、「他のことにも挑戦してみようかな」といったプラスの考えには至りません。

一度つまらないと思ったことには二度とチャレンジしなくなるでしょう。

そうならないためにも、チャレンジした行動を楽しむようにしましょう。

何でも楽しく感じるコツは、小さな達成感と発見を多く集めることです。

仮に習い事に挑戦するなら、「今日はこれができた」、「これは知らなかった」と自分のスキルと知識が豊富になっていくことを実感すると楽しく感じることができます。

どんな小さなことでも数多くの楽しさを見つけることが大切です。

この考え方をもって挑戦を楽しんでいれば、よりアクティブな性格になることができます。

まずは楽しめそうなことに挑戦してみてください。

 

 

4.強い好奇心を持つ

積極的な人は強い好奇心とハングリー精神を持ち合わせています。

好奇心とハングリー精神といった挑戦への引き金を持っている積極的な人間と、失敗を恐れるあまり新しいことには手につけられない消極的な人とでは、知識や経験に差が生まれるだけでなく周囲からの信頼にも明らかな差ができるのです。

誰もが「友人を誘って何かに挑戦したい」と考えた時、好奇心旺盛でアクティブな人の方が誘いやすいですし、協力的な姿勢を見せてくれると思うものです。

人の誘いを断っていたらいつの間にか誘われなくなり、代わりに他の人が誘われていたなんて経験はありませんか?

もしかしたら、すでにあなたの消極性が伝わり『つまらない人間』といったレッテルを張られているかもしれません。

  

どんなことでも実践してみると楽しい発見はできるものです。

「どんな経験ができるかな?」と考えて挑戦して見ると、いつの間にか「もっといろいろなことが知りたい!」と思うようになります。

まずは小さな好奇心を大切にしましょう!

 

 

5.自身の成長を望む

積極的な人は自分を磨くことを苦と捉えず、成長を楽しむことができます。

人間は様々な苦労や難題に直面し、それを解決することで自身の人間的な成長を望むことができます。

始めから「私には無理だろう」などと消極的に物事を捉えて挑戦を避けてしまっては、この人間的成長を実現することはできません。

これに対して、積極的な人は何事に対しても「自分のため」と思って取り組むことができるのです。

この考え方の小さな違いが『挑戦する人間』と『挑戦しない人間』、つまりは『成長する人』と『成長しない人』を分けることになるのです。

 

消極的な人は自信の成長に繋がる目標を持つことをお勧めします。

始めから難しい挑戦をする必要はありません。

毎日小さな目標を立てて、その達成に努めましょう!

(失敗が怖い場合は、自信がつくまでは失敗しても良い目標を立てると気が楽になります。)

きっと良い変化がみられるはずです。

 

 

まずはチャレンジ

いかがでしたか、積極的になるための考えた方を5つ紹介してきました。

土の考え方に至るにしても肝となるのは『チャレンジをすること』です。

好奇心やハングリー精神を持つためにも、挑戦を楽しむためにもチャレンジは必要です。

この記事では挑戦するためのヒントも挙げていますので参考にしてください。

積極性あふれる優秀な人になれるようチャレンジしましょう!

  

 

関連記事にこちらもどうぞ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライフスタイル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
キャンパス・ライフ

コメント