上手な計画を立てるポイントとは?【計画を立てることのメリット】

ライフスタイル

皆さんは達成したい目標やするべきことがある際に計画を立てていますか?

計画を立てることにはたくさんのメリットがあります。

この記事では計画を立てることについて、詳しくご説明します。

 

スポンサーリンク

計画を立てることは非常に大切

人はしばしば、何かを成し遂げたい時に『計画を立てる』という行為を行いますが、この行動にはどんな効果があるかご存知ですか?

実は、計画を立てることが目標の達成を容易にしてくれるのです。

詳しい内容については、下の『計画を立てるメリット』でご紹介します。

目標に向かって努力する方であれば必ず立てておきたい計画ですが、とりわけ時間のない社会人に取り入れてほしい方法でもあります。

自由に使える時間が少ない社会人に計画を立てることをおすすめするのには、様々な理由があるからです。

以下では計画を立てるメリットと上手な計画の立て方をご紹介します。

 

 

計画を立てるメリット

では、計画を立てることにはどのようなメリットがあるのかご紹介します。

計画を立てることには以下のようなメリットがあります。

計画を立てるメリット
目標への意識が高くなる
目標達成への筋道が明確になる
効率とモチベーションアップに繋がる
自分の進捗具合を知ることができる

詳しい内容については下で説明します。

 

目標への意識が高くなる

計画を立てることで、目標への意識が高くなるというメリットがあります。

「○月○日までにこの仕事を終えなければならない」「1週間に○ページ学習する」といった具体的な期限を設けることで目標達成への意欲と焦りが生まれ、やる気アップに繋がるのです。

人は焦りが生まれないと行動に移さない生き物です。

そのため、目標達成をしたいのであれば、精神的な働きかけで自分を動かす必要があります。

計画を立てることがこの精神的な働きかけになるのです。

 

目標達成への筋道が明確になる

「計画を立てずに行動を起こしたが思ったようにいかない」「目標達成のためにするべきことが他にもあった」といった経験をしたことはありませんか。

これは先に起こるハプニングを予期できなかったために起こる問題です。

計画を立てることには、目標達成までの筋道を明確にして物事をスムーズに進められるというメリットがあります。

立てる計画が具体的であればあるほど、目標達成までの障害を最小限にできたり突然のトラブルの発生を避けやすくなります。

これは効率の良いタスクの達成、ましてや目標達成にも繋がるのです。

 

効率とモチベーションアップに繋がる

上でも具体的な計画が効率アップに繋がることは説明しましたが、計画を立てることにはモチベーション面でもメリットがあります。

期限と方法を確認して頭に入れておくより、具体的な計画を立てて『可視化』する方がモチベーションは高くなります。

目標達成までにするべきことの量を把握して危機感を感じることに加えて、自分の成長を実感することができるためです。

また、目標達成までにすべきことのチェックリストを作成するのも効果的です。

チェックリストを作ることで、するべきことを忘れなるうえに更なる効率アップにも繋がります。

 

自分の進捗具合を知ることができる

上でも書きましたが、計画を立てることには、自分の進捗具合を知ることができるというメリットもあります。

立てる計画を細かくすればするほど、進捗具合は分かりやすくなります。

計画を立てる際に予定していた進捗具合から進んでいるのか、遅れているのか確認しながら目標達成を目指しましょう!

また、上で紹介したチェックリストを使うことで、自分の進捗を楽しみながら目標の達成に励むことができます。

自分の成長を楽しむことでストレスなく目標の達成ができるかもしれません。

 

効果的な計画を立てる方法

ここからは目標達成のためになる計画の立て方をご紹介します。

計画の立てる方法は以下の様になります。

効果的な計画を立てる方法
今の実力を知る
達成する順番を決める
するべきことを書き出す
計画は具体的に書き出す
成長の期限を決める

 

今の実力を知る

計画を立てるにあたって重要なのが今の実力を知ることです。

計画を立てることが目標の達成に役立つと言っても何でも可能になるわけではありません。

無謀とも言える挑戦をしても実現は容易ではありません。

まずは自分がどの位置にいるのか、目標の達成までどれくらいの努力と時間が必要なのかを考えましょう。

ここで必要な時間を考える際に余裕を持たせることが大切です。

時間ギリギリの計画を立てて、質の低い仕事をしていても実力や結果は出にくく空回りに終わりやすくなります。

計画を立てたために目標達成から遠ざかることがないように気を付けましょう!

 

達成する順番を決める

自分の現在の立ち位置や実力を知ることができたら、どのタスクを何番目こなすべきか明確に順序を付けていきましょう。

タスクに優先順位を付ける際は重要度の高い物からこなし、必ずこなしておきたい物、急ぎの物も先にこなせる計画にすることが大切です。

重要度の低い物にも徹底して手を出した結果、最もするべきことが疎かになってしまっては計画を立てる意味がありません。

また、計画を立てる際に優先順位を付けることで、重要なことをし忘れるというトラブルを防ぐこともできます。

期限内に最高のパフォーマンスを発揮するためにも重要なポイントです。

 

するべきことを書き出す

計画を立てる際にはするべきことを書き出し、可視化すると効果的です。

可視化することで、目標達成までにするべきことの量、どれほどの時間がかかりそうかを見て取ることができます。

この効果を最大限に発揮するためには、タスクを細かく書き出して危機感を感じることが大切です。

また、するべきことを書き出した紙はチェックリスト代わりにもなるので、一つ一つこなしていくことでモチベーションの維持やタスクの忘れ防止にも繋がります。

タスクは一枚の紙に細かく書き出してください。

 

計画は具体的に書き出す

計画を立てる際は、できる限り細かく具体的に立てるようにしましょう。

先にも書いたように、細かく書き出したタスクは危機感を感じやすくするだけでなく、すべきことを忘れないためのメモ代わりにもなります。

半日ごとの具体的な計画を立てるのが理想ですが、計画を立てることに多くの時間を割いてしまうのは効率が悪いです。

計画を立てることでタスクが進まないという本末転倒な状態にならずに具体的な計画を作るためには、空いた時間を利用して数日から1週間ごとの計画を立てることをおすすめします。

 

成長の期限を決める

目標達成のために計画を立てる際は期限を設けるようにしましょう。

全てのタスクに期限を設けるのは時間がかかることもあるので、なすべきタスクを節目となる物ごとに区切って期限を設けることをおすすめします。

「この日までにこれをできるようにする」というように自分の成長に期限を設けることで効率アップとモチベーションの維持に繋がります。

あまりに余裕のある期限を設けると危機感が薄れてしまい、するべきことを怠ってしまう可能性もあるので、丁度良い期限はいつなのかをよく考えて決めるようにしましょう!

成長の期限を設ける目安として、タスクを具体的に書き出した計画表やチェックリストを使うと無理のない期限が設定できます。

 

計画に関するおすすめの本

ここからは計画を立てる際に参考にして頂きたいおすすめの本をご紹介します。

興味の湧く物がありましたら、一度手に取ってみてください。

 

仕事を高速化する「時間割」の作り方

平野友朗 (著)

¥1,430

手帳、ノート、付箋、優先順位づけ、過剰品質―、全部要りません!

子供の頃は『時間割り』が存在し、それに沿って行動することができました。

しかし、大人になった今、私たちは計画した時間を守ってタスクをこなしているでしょうか?

言われてみればその通りだと思うこの例をテーマに『大人の時間割り』の作り方を学ぶことのできる1冊です。

仕事を高速化する「時間割」の作り方 | 平野友朗 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで平野友朗の仕事を高速化する「時間割」の作り方。アマゾンならポイント還元本が多数。平野友朗作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また仕事を高速化する「時間割」の作り方もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

 

 

倒れない計画術:まずは挫折・失敗・サボりを計画せよ!

メンタリストDaiGo (著)

¥1,540

超効率・時間管理 ・習慣力で、誰もが計画倒れゼロになるDaiGo式パーフェクト・スケジュール !!

メンタリストDaiGoさんが最新の計画の立て方から心理テクニックをご紹介している1冊です。

「“あえて”失敗する日、サボる日」をスケジュールに入れるという斬新な方法を計画に組み込むという内容がとにかく参考になって面白いです!

倒れない計画術:まずは挫折・失敗・サボりを計画せよ! | メンタリストDaiGo |本 | 通販 | Amazon
AmazonでメンタリストDaiGoの倒れない計画術:まずは挫折・失敗・サボりを計画せよ!。アマゾンならポイント還元本が多数。メンタリストDaiGo作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また倒れない計画術:まずは挫折・失敗・サボりを計画せよ!もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライフスタイル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
キャンパス・ライフ

コメント