NHK受信料の勧誘が来たら|悪質な業者から身を守る方法

ライフスタイル
スポンサーリンク

NHK受信料の対象となるもの

NHKの受信料の対象となる物には以下のようなものがあります。

  • テレビ
  • ワンセグ携帯
  • テレビチューナー付きのパソコン
  • テレビを見れるスマホ

などなど、テレビを見ることのできる機器をお持ちであれば、NHK受信料の対象となります。

 

 

受信料未払いに罰則はあるのか

NHK受信料が未払いであることに罰則はあるのでしょうか。

ここで、放送法第64条を見てみましょう。

第六四条 協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であつて、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。第百二十六条第一項において同じ。)若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。

ここに書かれている通りですが、受信料が未払いであっても罰則を受けることはないのです。

(ただし、NHK側に裁判を起こされてしまった場合は過去にさかのぼって受信料を払う必要があります。滅多にないことですが、、、)

 

 

NHK受信料勧誘の追い払い方

では、NHKの受信料勧誘業者が来たらどのように追い返しますか?

NHK受信料の勧誘業者は非常に悪質なことで有名です。

仮にテレビを持っていなくても確認するまで帰ってくれなかったり、他の機器でテレビを見れないか1つ1つチェックしてきます。

時には間違った情報で脅すことも

NHKを追い払うためのシールなどがありますが、相手によっては全く意味を成しません。

悪質な勧誘業者の被害を受けないためにも以下の内容を覚えておきましょう!

 

録画の準備をする

NHK受信料の勧誘業者が訪ねてきたら録画の準備をしましょう。

NHKの勧誘は、NHKのスタッフが行っているわけではありません。

NHKに依頼された業者が行っているのです。

彼らにとっては数字が全てですから、時には嫌がらせにも取れる悪質な行動、権利や義務などに関して誤った情報で脅してくることもあるのです。

そのため、業者側は録画をされてしまうと都合が悪いのです。

NHKの受信料勧誘業者の中には、テレビを確認するために家の中にまで入って来る人もいるため非常に危険です。

ドアを開けてからスマホやカメラを取りに行くのは危険です。

NHK受信料の勧誘だと分かったら、ドアを開ける前に録画の準備をしましょう!

インターホン越しであっても録画の旨を伝えることが有効です。

 

インターホンカメラで対応する

ドア越しの会話で対応するのはおすすめできません。

住人が不在でないことがバレてしまうと、NHKの勧誘業者は簡単には引き下がってくれません。

時にはドアの前で名前を呼び続けられたり、長時間居座られる、対応するまでインターホンを連打されることもあります。

悪質な嫌がらせを受けながらしぶしぶ対応するのは気分が悪いですよね。

家にカメラ付きのインターホンがあるのであれば、相手の様子を見てください。

もしNHKと名乗ったのであれば居留守を使いましょう。

 

ドアのチェーンをかける

カメラ付きのインターホンがない場合は、ドア越しの対応になります。

そんな時には必ずチェーンをかけ、開かないようにしましょう。

一度開けてしまうと簡単には閉めさせてくれません。

ドアに足を挟み、閉められないようにされるとかなり怖いです。

そんなことにならないようドアのチェーンは必ずかけましょう!

 

NHK勧誘業者の弱みを突く

NHKの勧誘業者と偶然鉢合わせてしまったらどうしますか?

そんな時には相手の弱みを突いて追い返しましょう。

簡単に追い返すと言っても、相手も勧誘を続けてきたプロです。

そのため、ポイントを抑えた追い返し方をしないと引き下がってくれません。

ここで使えるのが『NHK』と『NHKふれあいセンター』とです。

「勧誘は信用できないから直接NHKと契約する」「NHKふれあいセンターに連絡する」と言って追い返しましょう。

「払う気がない」と言わず、「勧誘業者だから信用できない」と伝えることがポイントです。

 

警察に連絡する

NHK勧誘業者の行動が悪質であれば、すぐに警察に連絡しましょう。

悪質な勧誘に対して警察を呼ぶのは大げさに思えるかもしれません。

しかし、相手が『勧誘業者』という肩書を持っているだけであって行っているのは迷惑行為なのです。

当然、警察を呼ぶ立派な理由になります。

「警察を呼びます」というだけでも脅しもなるので、悪質な勧誘だと思ったらすぐに通報しましょう!

 

 

大学生は狙われやすい

大学生をターゲットしたアパートが密集している大学周辺は、NHKの勧誘業者が頻繁に来ます。

業者側にとっても新生活を始めた学生がたくさんいる大学周辺は格好の仕事場になるわけです。

加えて、20歳前後の学生の一人暮らしですから勧誘もしやすいことでしょう。

大学生はNHKの勧誘業者に気を付けましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライフスタイル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
キャンパス・ライフ

コメント