刺青・タトゥーを入れる前に読んでほしい記事|様々なデメリットを知ろう

ライフスタイル

刺青やタトゥーを入れることに憧れる若者は多いですが、軽い気持ちで入れてしまうのは非常に危険です。

これは人生を左右しかねない重要な問題です。

これから刺青やタトゥーを入れようと思っている方はこの記事を参考にしてください。

 

スポンサーリンク

刺青・タトゥーとは

刺青は、専用の針を使用して皮膚内に墨やインクを入れて文字や絵を描く身体装飾のことです。

タトゥーも同様の操作によって皮膚の内側に絵を描きます。

刺青とタトゥーは、同じものと捉えられる事もありますが、使用する針の入る深さが異なるという分け方もあります。

その場合、針を浅く入れるのがタトゥー、タトゥーより深く入れるのが刺青と呼ばれます。

針の浅いタトゥーでは、インクを入れた皮膚が盛り上がることはありませんが、針を深く入れる刺青ではインクを入れた部分の皮膚が盛り上がることもあります。

 

 

日本人が刺青・タトゥーを入れる理由

刺青やタトゥーを入れる人はどのような理由で入れているのでしょうか。

海外ではアイデンティティの追求やファッションの一部、宗教的な理由などでタトゥーを入れる文化があります。

しかし、その文化がほとんど浸透していない日本で刺青やタトゥーを入れる人がいるのはどういった理由からなのでしょうか。

その理由で一番多いのが、刺青やタトゥーがかっこいいからです。

海外のドラマや映画などの影響で刺青やタトゥーに憧れを持ち、軽い気持ちで入れる若者が多いのです。

 

 

刺青・タトゥーを入れるデメリット

では、刺青やタトゥーを入れることにはどんなデメリットがあるのでしょうか。

刺青やタトゥーを入る前に知っておきたいデメリットをご紹介します。

 

刺青・タトゥーのデメリット⇒社会的偏見

アイデンティティの表現方法やファッションの多様化によって刺青やタトゥーを入れる方が日本でも増えました。

しかし、その数は未だ少数に留まり社会的な偏見は強く残っています。

刺青やタトゥーによって人付き合いに大きな影響が出ることもあり、交際が難しくなったり相手の親に結婚を反対されることもあるのです。

また、就職でも不利になることが多く、企業の中には刺青やタトゥーの入っている時点で不採用になるところもあります。

刺青やタトゥーを入れる際には、社会的偏見と一生付き合って行くことを覚悟してください。

 

刺青・タトゥーのデメリット⇒病気のリスク

刺青もタトゥーも皮膚を針で傷つけるため病気や感染症のリスクを伴います。

通常の人であればかからないような比較的弱い感染症であっても、刺青やタトゥーを入れた人は免疫機能の低下した部分から感染してしまうのです。

このリスクのためにプールや温泉施設への出入り禁止などの制限を受けることも知っておかなければなりません。

また、刺青やタトゥーによる感染症のリスクは他にもあります。

もし、施術に使用した針などの器具に衛生的問題があれば刺青やタトゥーを入れることによって病気になってしまうのです。

エイズや肺炎、肝機能の低下、インクに対するアレルギーなど不安要素は数多くあります。

 

刺青・タトゥーのデメリット⇒生活の不自由

刺青やタトゥーを入れた人がプールや温泉施設への入場を断られるのはご存知でしょう。

先にも書いた通り、刺青やタトゥーを入れた部分は免疫力が弱くなっており、病気や感染症のリスクが高まってしまいます。

他のお客様への配慮のためにプールや温泉施設で制限を受けるのです。

刺青やタトゥーの入った方が受ける制限は医療行為にも及び、MRI検査を受けられないというデメリットもあります。

刺青やタトゥーを入れた人がMRI検査を受けると、皮膚下に入れたインクが磁気に反応して化学反応が起こり、火傷や変色の恐れがあるのです。

また、保険の加入を断られるなど生活における不自由が付きまといます。

 

刺青・タトゥーのデメリット⇒簡単には消せない

一度入れた刺青やタトゥーを消すのは簡単ではありません。

レーザー治療や切除縫縮などの方法がありますが、完全に消すことは難しく、跡が残ることがほとんどです。

また、刺青やタトゥーを目立たなくするための施術には多額の費用がかかり、中サイズの物でも数十万円かかることがほとんどです。

 

 

刺青・タトゥーを入れると後悔する

実は、刺青やタトゥーを入れた方の9割が後悔をしているのです。

一度軽い気持ちで入れてしまうとそれを除去するのは非常に難しく、偏見や制限といったデメリットが一生付きまといます。

年を重ね、刺青やタトゥーへの憧れが薄れるとデメリットの部分ばかりに直面して後悔に繋がるのです。

軽い気持ちで入れて後悔しないようによく考えて判断してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライフスタイル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
キャンパス・ライフ

コメント