効果的な紫外線対策に!正しい日傘の選び方

ライフスタイル

春頃から夏の終わりにかけて多くの女性が日傘をさしている光景を目にします。

強い夏日の中にも日陰を作り、紫外線から肌を守ってくれる日傘は美容に気を使う女性の強い味方です。

実際に、街中だけでなく大学のキャンパスを歩いていても多くの女子学生が日傘を使っています。

それだけ期待と信用を兼ね備えたアイテムなのです。

しかし、意外にも日傘選びに失敗している女性は多く『あまり効果はないけれどデザインの良い傘』として使っていたりするのです。

これでは少しの日影ができるだけで、肌が受ける紫外線量は他の人と大差ありません。

この記事では、正しい日傘を選ぶポイントをお伝えします。

 

スポンサーリンク

そもそも紫外線の強い時期って?

日差しが強くなると多くの女性がさしている日傘ですが、さすべきタイミングを間違えていれば正しい紫外線対策とは言えません。

では、1年の中で最も紫外線量の強いタイミングがいつなのかというと

時期は5月から8月、時間は10時から14時にかけてなのです。

これに天気や気温、湿度は関係ありません。

美容を気遣う世の女性にとっては当然の知識かもしれません。

しかし、中には「日傘は7月になってから」、「今日は涼しいから日傘はいらない」、「太陽が出ていないから日焼けの心配はないだろう」と誤った判断をしてしまう女性もいるのです。

仮に7月から日傘を使い始めるとすると、紫外線の強さがピークに達した2か月間は紫外線を直接受けていたことになります。

『5月から8月の昼間は日傘』と覚えておきましょう!

 

 

効果的な日傘の選び方

では、ここからは効果的な日傘の選び方を紹介します。

日傘を選ぶ時は必ずUVカット加工のされたものを選びましょう。

しばしば、「白い日傘よりは黒い日傘の方が良い」と言われていますが、それはUVカット加工のされていない日傘の話です。

確かに黒い日傘は光の反射が少ないため、白い日傘でおこる『照り返し』の心配が少ないです。

しかし、日の光を集めてしまうため内部には熱がこもり快適さが失われてしまいます。

 

こうなると、白か黒のどちらを選ぶべきか迷ってしましますよね。

それを解決してくれるのが、外側が白で内側が黒の日傘です。

時折り目にする白黒2色の日傘ですが、外からの光を反射して傘の中を涼しく保ち、地面からの照り返しは内側の黒が吸収してくれる優れものなのです。

以前はスタイリッシュで、あまりお洒落なイメージのなかった白と黒の日傘ですが、最近は可愛らしいデザインのものも増えています。

日傘を選ぶ際は主にこの2点に注意しましょう!

また、UV加工のされた日傘はUV効果が数年でなくなるため、買い替えが必要であることも覚えておきましょう。

 

 

安い日傘は効果がない?

一口に日傘といっても、その種類は豊富です。

価格に関しても500円ほどの物から1万円を超える物まであります。

では、効果があるのは値段の高い日傘だけで、安い日傘には効果がないのかと聞かれれば、一概にそうとも言い切れません。

確かに高価な日傘にはそれなりの性能や耐久性がありますが、それにも限界があります。

繊維の隙間があるためUVカット率100%など実現不可能です。

つまり、高価な日傘の価値をさらに上げているのはブランド名なのです。

 

ブランド名にこだわらなければ3000円~5000円ほどで良い機能を兼ね備えた日傘を買うことができます。

機能性を売りにした格安の日傘は、生地が薄くて紫外線がUV加工された繊維の間を通り抜けたり、柄の色によってUVカット率が低かったりするので注意が必要です。

 

 

以上が正しい日傘の選び方になります。

あなたが使っている日傘はしっかりと役目を果たしていますか?

値段やデザインで選ばず、この記事で紹介したポイントを抑えている日傘を選ぶよう心掛けましょう。

コメント