大学生の講義スケジュールと勉強時間はどのくらいなの?

大学関連

閲覧ありがとうございます。

今回は私の大学での時間割、勉強時間を紹介いたします。

大学進学を目指す学生にとっては非常に気になる情報だと思います。

  

主に理系の学生向けのページになっていますが、学部や学科に関わらず参考になると思います。

では、早速履修を見ていきましょう

 

スポンサーリンク

大学生のスケジュール

1年次の履修

1年次は年間を通して、一般教養科目の履修が多くあります。

一般教養科目とは、学生が選択した学部・学科のような専門科目とは別に、広い知識を得るために設けられたものです。

学部や学年間の垣根を超えて履修をすることができます。

この頃の週の授業数は10〜15コマほど、毎日2〜3個の授業を受けていることになりますね。

1年次は学部学科に関わらず、年間を通してこれくらいの授業数でした。

(ちなみに大学の授業は1コマ90分になります)

  

2年次の履修

2年次以降は学部学科によって忙しさが変わります。

また、一般教養科目の履修が減り、授業も専門科目が中心となります。

私の理学部の場合、前期は1年次と変わらず週10〜15コマ程度、後期は10コマになります。

履修は学生がそれぞれ決めるものなので、同じ学部でも週に6コマしか授業のない学生もいます。

 

3年次以降の履修

3、4年次の履修は卒業単位を満たすためのものになります。

4年制大学の卒業単位数は124単位です。

多くの学生は2年次までに半分以上の単位を取得するため、3、4年次の履修は少なくなります。

しかし、それまでの取得単位数によって週の授業数が変わるため、一概に何コマと断言はできません。

授業のコマ数は以上になります。

 

 

勉強時間

学年を重ねる度に1週間あたりの授業数は減ることが多いです。

しかし、より専門的な内容を学ぶことが多くなるため、必ずしも自由な時間が増えるわけではありません。

多くの学部では学年ごとに忙しくなり、中には毎日がレポート地獄になる学部もあります。(私の学部もこれです…)

勉強時間は所属する大学、学部や学科ごとに大きく変わります。

実際に受験する大学の先輩に話を聞いてみるのが1番です!

このエントリーをはてなブックマークに追加

大学関連
スポンサーリンク
スポンサーリンク
キャンパス・ライフ

コメント