莫大な費用をかけて大学に入るメリット・デメリット

大学関連

閲覧ありがとうございます。

今回は大学に大学に入学するメリットとデメリットについてお話します。

これから大学入学を考えている方のための記事です。

参考になさってください!

 

  

スポンサーリンク

メリット

就職、社会的地位

言うまでもないことですが、大学を卒業をしている学生は高卒の学生に比べ就職に有利になります。

一般的に『大卒』は『高卒』より人材としても、相手に与える印象でもよく思われる傾向があります。

そのため、多くの企業が『大卒』を採用条件としています。

大卒の方が採用されやすいだけでなく、職業選択の幅も広いのです。

  

さらに『新卒』となると、多くの企業から求められます。

 

『大学卒業』という条件は就職だけでなく、国家資格の取得条件にもなっていることがあります。

 

これこそが大学に入学にする最大のメリットでしょう!

  

学び

大学は恵まれた学びの場所です。

大学生活の4年から6年間は充実した環境で好きなだけ学ぶことができます。

何かを深く学びたいといった意思を持っているなら大学に行くべきです。

その分野の研究者が大学にはいます。

学ぶ環境も高校とは比べられないほど充実しており、キャンパス内には図書館があるのはもちろん、各学部棟にも勉強できる空間や書庫があったりします。

質の高い実習や高度な研究もできます。

  

人間関係

大学には全国各地だけでなく海外からの学生も多く在籍しています。

そのため、気の合う友人ができるだけでなく、今まで触れたことのないような考えを持つ学生や異なる文化を持つ学生との交友関係を築くことができます。

この交友関係は自分の見識を広げてくれるだけではなく、それ以降の人生にも影響しうるものです。

 

大学でできた友人や彼らとの思い出は一生ものになります。

たくさんの友達と旅行や飲み会をして楽しい思い出を作ってください。

  

人生の豊かさ、経験

大学は非常に恵まれた環境です。

そのため、そこでしかできない経験がたくさんあります。

研究、実習、サークル、ゼミ、レポートは高校まで通っていても体験できないことです。

この経験は一生ものになります。

  

自由な時間

大学に入学すれば最低でも4~6年の時間を手にすることができます。

人生において4~6年間の自由が手に入ることは滅多にないことです。

さらにこの期間は生活環境や社会的立場が安定しており、新しいことにも挑戦しやすい時期でもあります。

その時間をどのように使うかで人生経験を豊かにしたり、新たな目標を見つけたり、夢をかなえたりすることもできるのです。

 

大学生活がいかに時間に恵まれたものであったのか、毎日を忙しく過ごす社会人になると気づくことができます。

 

 

デメリット

 費用

大学に通うには非常に多くの費用が必要になります。

国立大の入学料は28万2000円、授業料は年間で53万5800円が標準とされています。

しかし、大学生活では学費の他に食費、生活費が必要になります。

大学生1人暮らしにかかる費用を見ていきましょう!

 

大学生活にかかる費用(授業料を除く)

  • 家賃…3万~6万円(平均は4万円台)
  • 光熱費…3500~1万2000円
  • 食費…2万5000~3万円

月合計…5万8500~10万2000円

年合計…70万2000~122万4000円

 

ここに授業料、通学費用や教科書代が上乗せされると考えてください。

自動車免許を所得する場合は、学割を利用しても20万円以上はかかります。

 

1人暮らしの初期費用もばかになりません。

 

 

奨学金を借りるのも1つの手ですが、その返済もなかなか大変なことなのです。

  

時間

よくも悪くも大学に通えば、4~6年間は学生として過ごすことになります。

社会人と違ってお金を稼ぐにはバイトをしなければなりませんし、その間に見込める収入は社会人に圧倒的に劣ります。

遊びたい時期に自由に使えるお金が少なくなってしまうわけです。

 

また、大学を卒業するころには成人しているため、職業選択に時間をかける精神的な余裕がなくなります。

就職した会社が自分に合わなくても転職を諦めがちになってしまいます。

転職にも有利な『大卒』という立場ですが、この就職難で転職をするのには覚悟が必要なのです。

  

就職

大学を卒業すれば就職のしやすさ、職業選択の幅が広がると紹介しました。

しかし、必ずも大卒が就職に有利になるわけではありません。

大学での実績を問われたとき、アピールできるポイントがなければ大卒もあまり意味もあまりを成しません。

 

また、先にも紹介した様に転職を考える精神的余裕がなくなってしまいます。

 

 

最後に

いかがでしたか?

これが大学に入るメリットとデメリットです。

私は、大学に通うことにはメリットの方が多いと思っています。

しかし、多額の費用が掛かるなどの問題もあるため一概にはおすすめできません。

これから大学入学を考えている方は、この記事を参考に判断してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

大学関連
スポンサーリンク
スポンサーリンク
キャンパス・ライフ

コメント