恋人のいない大学生必見!大学生が出会う方法

大学関連
スポンサーリンク

「大学では恋人ができる」は嘘⁉

高校生の頃に「大学生になれば恋人ができる」「大学は異性との出会いに溢れている」といった言葉を耳にした経験はありませんか?

こういった言葉を真に受けて期待に胸を膨らませていた大学生は非常に多いですが、実際に恋人を作ることができるのは一部の学生のみです。

この「大学生になれば恋人ができる」「大学は異性との出会いに溢れている」といった言葉は本当であり、嘘でもあるのです。

実際、この言葉通りに大学生活は異性との出会いに溢れています。

異性との出会いに溢れているということは、恋人を作るチャンスも溢れているということです。

では、どうして多くの大学生が恋人を作ることができないのでしょうか。

 

 

大学で恋人ができない理由

大学は多くの出会いに溢れた場であり、恋人を作るチャンスにも非常に恵まれた場でもあります。

それにも関わらず、恋人ができないのはどうしてなのでしょう。

実は、恋人のできない学生は、自ら異性に話かける積極性を持ち合わせていなかったり、目の前のチャンスに気づけないことで恋人を作る機会を逃しているのです。

「大学生になったから恋人ができるだろう」という安心感のためか、これまでに恋愛経験を積んでこなかったためか、いわゆる『草食系』になってしまい行動に移すことができていないのです。

では、どういった努力をすれば恋人ができるのでしょうか。

 

 

大学生が恋人を作るには

大学生活の中で恋人を作るためには、訪れたチャンスを逃さず積極的に話しかけることが大切です。

新しい出会いが欲しいのであれば勇気をもって行動する必要があります。

しかし、中には性格のために「知らない相手に声をかけることができない」「声をかけても何を話して良いか分からない」と言う方もいることでしょう。

奥手な性格をすぐに変えるのは難しいですよね。

そんな方は以下で紹介する方法を参考にして、自分にとって話しかけやすい方法はどれなのか検討してみてください。

 

大学生が恋人を作る方法

既存の繋がりを頼る

多くの大学生は大学に入学するまでに小学校や中学校、高校に通っており、既に多くの異性との関りを持っています。

そういった相手と恋愛をするのはいかがでしょうか?

お互いの人柄をよく知っている関係であれば話しかけるハードルは非常に低く、恋人を作るのも難しくはありません。

また、当時は周囲の学生の目を気にして付き合うことを避けていた相手であっても卒業後の交際であれば、それを気にする必要はありません。

既存の繋がりがある相手であれば、気楽に付き合うことができるというメリットがあります。

しかし、この方法で恋人を作る際には注意が必要です。

地元の知り合いの中から恋人を作るのはおすすめですが、大学や就職する場所の関係で頻繁に会えず交際が続かない可能性もあります。

実現可能な恋愛であるか考える必要があります。

 

 

入学時の雰囲気を使う

大学入学時は、ほとんどの学生が友達を作ろうと積極的に声を掛けます。

この時期は多くの学生が連絡先の交換をしてネットワークを広めるため、学部が同じであったり、共通の趣味があれば異性とも仲良くなれます。

連絡先の交換以外にも紹介をしてもらいやすいです。

恋人がほしい学生は、この時期に多くの異性と連絡先を交換したり、気になる相手を紹介してもらうようにしましょう。

また、大学に関わらず学校の入学時は学生の気分が浮かれがちになるため、恋人を作りやすいといったメリットがあります。

浮かれた気分が冷めると共に恋愛感情も冷めるといったこともありがちですが、上手に付き合えば長期的な交際に発展させることができます。

大学生活で最も異性と出会えるこの時期は積極的な行動を心がけましょう

自分からは話しかけるとができないという奥手な方は以下で紹介している情報を参考になさってください。

 

 

部活やサークルを活用する

大学で出会いを求めるのであれば、部活やサークルに所属して積極的に活動することをおすすめします。

普段の活動で仲間を増やせるのはもちろんですが、飲み会や合コンに参加すればたくさんの異性と仲良くなることができます。

部活やサークルで開催される飲み会や合コンであれば、共通の趣味がはっきりしているために話しかけることも容易で、連絡先の交換もしやすいです。

恋人を作ることを目的として部活やサークルに所属する方は、多くの飲み会に参加できるように複数の団体に所属するのがおすすめです。

確実に恋人を作りたい方はこの方法を検討してください。

しかし、部活やサークル内で恋人を作ることにはメリットばかりではなく、それなりのリスクがあります。

部活やサークル内で男女間のトラブルが起こってしまうと空気がぎすぎすしてしまったり、どちらかが退部に追い込まれることもあるため注意が必要です。

それを踏まえたうえで判断しましょう!

 

 

講義中に声をかける

異性にも気軽に声をかけることができる積極性を持ち合わせているのであれば、この方法を最もおすすめします。

部活やサークル以上に出会いが多いのは大学の講義です。

大学(特に大学1~2年次)では他の学部の大学生や学年の異なる学生と同じ講義室で講義を受けることが多々あります。

一言で講義と言っても、大人数で受ける講義もあれば少人数で仲良く活動する講義もあります。

そういった様々な講義を通して気になる学生を見つけるのはいかがでしょうか?

よく知らない相手に声をかけたり連絡先を聞くことには非常に勇気がいるでしょうが思い切って声をかけることで自身にも繋がります。

声かけが成功しても失敗しても良い経験になるのでおすすめです。

あまり面識のない相手に声をかける際には、自然な会話を意識して急な声かけで怖がらせたり、怪しまれないよう注意しましょう。

 

 

マッチングアプリを使う

交際相手を大学生に限定しないのであれば、マッチングアプリを活用する方法がります。

マッチングアプリでは、対面で話す必要がないうえに相手がどんな人なのか、どんな人との繋がりを求めているのか知ることができるため恋愛に奥手な人が異性と仲良くなるためにはおすすめの方法です。

また、「大学内では恋愛をしたくない」「多少距離を置いた恋愛をしたい」という方も自分に合ったパートナーを見つけることができます。

こちらの方法は恋愛に対して積極的になれない方におすすめですが、不純な関係になりやすいといったデメリットがあります。

マッチングアプリを使って恋人を探すのであれば、焦らず時間をかけて相手を吟味することが大切です。

悪い相手に本気になって恋愛にトラウマを作らないよう気を付けましょう。

 

 

まずは行動することが大切

以上が大学生が恋人を作る方法になります。

しかし、上記の方法を全て試したからと言って必ず恋人ができるわけではありません。

これまで恋人ができなかった事には何か理由がないか、自分の魅力はどこにあるのかをよく考えて自分を磨く努力をすることも大切です。

そのうえで積極的な行動を心がければ恋人を作るのは難しくありません。

恋人のいる大学生活は非常に楽しいものですよ!

この記事を参考に素敵な恋人を作ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

大学関連
スポンサーリンク
スポンサーリンク
キャンパス・ライフ

コメント