高校生が持つ大学生のイメージと実際の様子

大学関連

大学入学を目指している高校生は、実際の大学生活がどのようなものなのか気になりますよね。

『大学生』と聞いて高校生が抱くイメージにはバイトや部活、サークル、ボランティアなどがあるでしょう。

今回は大学生がどのような生活を送っているのかご紹介します。

受験勉強のモチベーションに繋げてください。

 

スポンサーリンク

大学生がしていること

1.アルバイト

高校生のイメージする通り、大学生の多くはアルバイトをしています。

その割合は学部や学科によってそれぞれですが、演習やレポート、実験などで忙しい学部では6割程度、時間に余裕がある学部では6~8割ほどの学生がアルバイトをしています。

大手アンケートを利用して、全国の大学生会員(私立を含む)に行ったアンケートでは以下のような結果を得ることができました。

これを見ると、7割近くの大学生がアルバイトをしていることが分かります。

また、バイトの掛け持ちをしている学生も多く、中には5つ以上のバイトをしている学生もいます。

大学生がアルバイトをする理由で最も多かったのが、「自由に使えるお金が欲しいから」で、他には「楽しいから」、「生活費や学費を払うため」、「社会勉強のため」という意見がありました。

 

 

2.部活、サークル

部活やサークルに所属する学生は非常に多いです。

一般的には、部活に専念できない学生や緩く活動したい学生、部活にはない活動をしたい学生がサークルに入っています。

大学の部活は種類が非常に多くて変わったものも多いですが、それを超えるのがサークルです。

サークルは大学公認のものから非公認のものまで沢山存在しており、中には活動内容が不明な団体や怪しい活動をしている団体もあります。

私も興味本意で怪しいサークルを見学しましたが、理解のできない話を聞かされ、帰らせてもらえませんでした。(怪しいサークルには宗教活動をしているものもあります。できるだけ近寄らないようにし、もし見学する際は友達と行くようにしましょう。)

 

3.ボランティア

就職に向けてしておくべきことですが、実践している学生は多くありません。

ボランティアは就活のためになるだけでなく、人との付き合い方や仕事の仕方を学ぶことができるのでいい社会勉強になります。

これから大学に入学する学生は積極的にボランティア活動に参加しましょう。

校外のボランティア活動への参加に抵抗がある人は、大学のボランティアサークルに所属すると良いです。

サークルとしてボランティア活動ができるうえ、同じ目的を持つ友人を作れば校外での活動にも参加しやすくなります。

自分に合った活動を見つけ、仲間と共に定期的な参加をするとよいです。

 

 

4.留学

長期休業や休学を利用して留学する大学生もいます。

しかし、その数は多くありません。

先ほどと同様のアンケートでは、このような結果になりました。

留学経験を持つ大学生の割合は1割に満たないことが分かりました。

多くの時間と費用を必要とするためにハードルが高いようです。

 

留学の行先はアメリカやオーストラリアなど様々です。

留学に対する大学の姿勢はそれぞれで大きく異なり、留学に特別力を入れている大学もあれば、休学をしないと留学できないような大学もあります。

留学を考えている学生は希望大学の留学状況を調べておきましょう。

 

 

5.ゼミ

ゼミとは簡単に言うと、複数の学生で1冊の参考書を読み解いてまとめたり、同じ課題に取り組んだりするものです。

理系の学部では多くの学生がゼミに所属します。

私は理学部の特別なコースに所属しているので、頻繁に開催されるゼミで他の学生と意見を交わしています。

授業や配属されたゼミ以外にも学生が自主的に行う自主ゼミがあります。

仲間と協力して興味のある分野を学んでみると良いでしょう!

 

6.資格勉強

資格は就職にもそれ以降の人生においても強い武器になります。

大学生のうちはまとまった時間を取りやすいので、使えそうな資格は1つでも多く取っておくべきです。

大学生が資格取得を目指し始めるタイミングは、就活を考え始める3~4年生が多いですが、ほとんどの資格は学年に関わらず取得することができます。

自分の就きたい職に適した資格を調べ、早いうちから勉強を始めておくとよいでしょう。

 

 

7.旅行

近場から海外まで旅行をする大学生はたくさんいます。

多くの大学生が入学後に自動車免許を取得するため、レンタカーを利用して遠出をしている学生も多くいます。

中には数人で度々海外に旅行をしている学生もいます。

 

社会人になると時間の確保が非常に難しくなるので、多くの人にとってたくさん旅行できるのは大学生まででしょう。 

大学時代は友人とは多くの思い出を作っておくべきです。

是非とも多くの旅行を企画してたくさんの思い出を作ってください。

 

 

大学生は全て経験しておくべき

いかがでしたか、これが大学生がしている事とその実際です。

留学は自分で責任を持ち、行動することが求められる大学生で行うことに意味があります。

また、ゼミやサークルは大学生である期間しか経験することができません。

多くの人にとって大学生であることは一生に一度のチャンスですから、、イメージされる大学生らしいことをすべて経験しておくべきです。

このページを参考に大学生活を充実させてください!

このエントリーをはてなブックマークに追加

大学関連
スポンサーリンク
スポンサーリンク
キャンパス・ライフ

コメント