大学生は自炊をするの?大学生にオススメの食生活と注意点

大学関連

大学生が普段何を食べているのかご存知ですか?

実家から大学に通っている学生であれば、家族の作った料理をを食べていると予想できますが、一人暮らしの大学生の食べているものについては分からないことが多いです。

そんな疑問を解決するために、この記事では大学生の自炊、学食の利用、外食の利用について、それぞれの食費や注意と共にご紹介します。

 

スポンサーリンク

大学生の食生活

1.自炊をする

自炊は節約にも料理の練習にもなるため、大学生にとって有効な手段です。

食品の買い出しや調理をするため、時間はかかりますが作り置きもできるので、忙しい時に役立ちます。

 

自炊の食費 5000~円/月 程度

   

自炊をする際に気を付けるポイント

まず、自炊ではバランスの偏りが心配されます。

大学生の料理は栄養面に気を配っていないことが多いうえ、節約レシピやダイエットレシピなどにハマり偏食になる学生もいるからです。

 

次に、食品の腐敗です

料理経験のない学生は、一人分の量や腐敗を防ぐ方法を知りません。

そのため、作りすぎた食品をダメにしたり、腐らせてしまったりすることが多々あります。

特に、梅雨の時期は食品が腐りやすいため、より一層の注意が必要です。

これは余計な出費に繋がりますので、気を付けましょう!

 

 

2.学食を利用する

手ごろな価格で多くのメニューを楽しめる学食は学生の強い味方です。

忙しい学生や料理の苦手な学生が多く利用しています。

学食には栄養バランスを考えた料理やサラダなどの単品メニューもあります。

その他にも、期間限定メニューもあって楽しめるので上手に活用し健康的な食生活を心がけましょう!

 

学食の食費 25000~円/月 程度

 

学食を利用する際に気を付けるポイント

学食は安いと言われていますが、毎日食べると結構な金額になります。

また、学食を利用する際に気を付けて頂きたいのが、塩分量です。

学食のメニューの多くには、かなり多くの塩分が含まれています。

メニューにもよりますが、その塩分量は校外の飲食店とほとんど変わらないため、決して「学食だから健康的」と思ってはいけません。

 

 

3.外食をする

毎日の食事を外食で済ませる学生も少なからずいます。

大学周辺には多くの飲食店があるので、学食より校外の飲食店を好む学生やお金に余裕のある学生がこのような生活を送っています。

食費は非常にかさみ、自炊の数倍にもなります。

 

外食の食費 50000~円/月 程度

 

外食をする際に気を付けるポイント

外食中心の食事では、栄養のバランスやカロリー、添加物などの面で体に悪影響を及ぼしかねないため、お勧めしません。

また、若いころの食生活はその後の人生にも影響を及ぼします。

だらしない習慣がつかないようにするためにも、時には自炊もしましょう!

 

オススメの食事スタイルは?

いかがでしたか、この3つが大学生の主な食事の方法です。

他にもコンビニを利用したり、食事付きのアパートに住んでいる学生もいます。

大学生におすすめの食生活は、自炊と学食を上手に使い分けて食費と時間を上手にやりくりすることです。

食に気を配った生活ができるのも大学生としてのスキルの1つです。

これからの食生活を考える際の参考にしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

大学関連
スポンサーリンク
スポンサーリンク
キャンパス・ライフ

コメント