大学生の主なスマホの使い方|使用する際の注意事項も必見!

大学関連
スポンサーリンク

大学生はスマホを使う機会が多い

大学生のスマホ利用時間は男女ともに2時間を超えると言われています。

これは、大学生の平均利用時間であり中には1日5時間以上スマホを利用している大学生もいます。

では、頻繁にスマホに触れている大学生はどういった目的で使用しているのでしょうか。

この記事ではスマホを利用する大学生の主な使用目的をご紹介します。

 

 

大学生のスマホの使い方

授業や実験で使う

大学の授業でスマホを使うことがあります。

授業の連絡や出欠の確認、授業内容の検索、レポートの提出、アンケートの回答など様々なシーンでスマホが利用されます。

また、実験の多い理学部では、実験の度に計算や検索のためにスマホが使用されます。

大学生の中にはスマホを持ち歩かない人もいますが、いざ必要な時に持ち合わせていないと非常に不便を感じるようです。

大学生活ではスマホが必須とも言う事ができます。

 

SNSを使う

大学生になると部活やサークルに参加する人は非常に多いです。

そういった団体での連絡手段としてSNSが利用されます。

部活やサークルによってはSNSの更新頻度が高く、中には一日中通知が止まらない団体もあります。

そう言った部活やサークルの一員を見ていると、常にスマホを見て返信をしている状態でした。

部活やサークルに関わらず、仲間との連絡手段としてもSNSは使われます。

大学では高校と異なり、一日中スマホを使う事ができます。

そのため、大学生の中には常にスマホでSNSを利用している人が多くいるのです。

 

情報収集で使う

お店の予約やアルバイト情報、期間限定のスイーツ、ファンション情報などを調べている大学生もいます。

非常に一般的な使い方になります。

特に地元を離れ、知らない土地の大学に通う学生にとってスマホは必須のアイテムになります。

近くのスーパーやコンビニ、美容室からイベント情報、その土地の特産物など調べる事は山ほどあります。

これらの情報をスマホなしで調べるとなると、非常に時間がかかります。

ましてや、知り合いのいない土地で沢山の情報を集めるのは困難を極めます。

また、就活が近い大学生も頻繁にスマホを利用します。

スマホでしか手に入らない情報、その利便性をよく理解している大学生らしい使い方です。

 

暇つぶしのゲーム

講義の待ち時間や友人を待っている間など、少しのスキマ時間があれば、多くの大学生はスマホを使っています。

その使用方法で多いのが、ゲームです。

スマホアプリで多くのゲームが配信されている現在、多くの大学生がそれを利用しています。

「スマホゲームで遊ぶのは男子学生だろう」と思うかもしれませんが、スマホゲームは女子学生にも広がりつつあります。

そのため、男女に関わらずスマホゲームで遊んでいる大学生が多いのです。

こちらの使用も高校までとは異なり、一日中スマホを使う事ができる大学生だからこその方法です。

 

 

大学生はスマホの使い方を考えよう

大学生がスマホを自由に使えると言っても、時と場合を考える必要があります。

学生の中には講義中にスマホを使用していたり、食事中に使用していたり、歩きスマホをしている方が非常に多いです。

これはマナーとして非常に悪いことです。

普段からスマホばかり触っているためか、遊びに行っても会話をしていもスマホばかり使用している大学生がいます。

スマホを使うべきタイミングなのかよく考えて使用しましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

大学関連
スポンサーリンク
スポンサーリンク
キャンパス・ライフ

コメント