大学デビューをするのは簡単!大学デビューを華々しく飾るポイントと失敗例

大学関連

大学入学と共に新しい自分になろうと努力する大学生が数多くいます。

高校では服装や髪型、ピアス、眉など多くの制限を受けていました。

また、クラスで確立したキャラというものがありました。

しかし、大学生ともなればどんな格好でどんなキャラであっても言及されることはありません。

新しい自分を見つける絶好の機会なのです。

 

スポンサーリンク

大学デビューは簡単!

先にも書いた通り、大学は中学や高校と異なり、知り合いがほとんどいなくなります。

仮に知り合いがいたとしても数人程度であることが多いです。

そのため、大学への入学は絶好のデビューチャンスなのです。

また、服装や髪型、眉に至っても制限がなくなるため印象を一気にチェンジする事もできるのです。

ハードルの低い大学デビューを成功させ、理想の自分に近づきましょう!

 

大学デビュー成功のポイント

大学生活を充実したものするために大学デビューのポイントを抑えておきましょう!

 

大学生らしい服装をする

お洒落な服装は人の印象をも左右します。

高校まで制服とジャージが主な服装になっていた方は地味な自分に別れを告げ、大学生らしい服装をしてみましょう!

ファッション雑誌やサイトを参考にして今時の大学生らしい格好をすれば、見た目はお洒落な大学生です。

また、髪型や髪色、眉を整えることで顔の印象を変えることもできます。

自分に合う髪型、髪色を見つけて変えてみることで自分に自信を持ち、より積極的になれます。

まずは見た目から変える事が大学デビューを成功させる一番のポイントです!

 

小物にこだわりを見せる

お洒落は服装や髪だけではありません。

どんなにイケメン、美女であっても使用する筆箱や財布がぼろぼろであったりダサかったらがっかりされてしまいます。

大学デビューを成功させたいのであれば普段使う小物にも気を配りましょう!

普段使用する物にこだわりを見せるのはもちろんですが、ネックレスやピアスといったアクセサリーを身につける方はそこにもこだわる必要があります。

インターネットで購入したあまりにも安いアクセサリーは、一目でバレる事があります。

気づかない人も多いですが、安いアクセサリーを見抜ける人にとっては非常にダサい事です。

持ち歩く物や身につける物にはこだわりを見せましょう!

部活やサークルで活動する

大学で性格をガラリと変えたい方は部活やサークルに所属しましょう!

沢山の学生と親しくなる事ができる部活やサークルに入れば、流行りやお洒落に気を使うだけでなくトークのスキルも身につきます。

また、自ら活動に参加する事で積極性や責任感を身につけ、頼られる人間になる事も出来ます。

大人に近い人達の中で積極性を示すことは容易ではないため、それができるようになれば大きな自信に繋がります。

引っ込み思案な方や向上心の強い学生にはおすすめの方法です。

無理に積極性を出さなくとも部活やサークルでの活動は楽しいので、入っておくと良いでしょう!

 

なりたい自分になりきる

内面や習慣を変えるために最も良い方法が『なりきる』ことです。

これはカウンセラーに教えて頂いた方法で、私も実践して驚くほど顕著な効果を実感しました。

人は理想の自分になりきって生活を続ける事で、その理想に近づく事ができます。

強く願う理想の自分があるのであれば、その性格や日々の習慣を3日間続けてみましょう。

それが継続可能であれば3週間、3ヶ月と期間を延ばしてみてください。

いつの間にか理想の自分になれているはずです。

気を張りすぎず、自然にできる事を増やすのがポイントで、いきなり全てをこなそうと思わない事が大切です。

是非実践してみてください!

 

 

大学デビューで失敗する例

続いて大学デビューで力を入れすぎたために失敗する例をご紹介します。

大学デビュー失敗はキャンパスライフの充実度まで下げる事があるので注意しましょう。

 

お洒落の迷走

お洒落にこだわりすぎた結果、よく分からない格好をする大学生を見かけます。

癖の強いモデルの真似をしていたり、ピンクや黄一色の服装をしていたり、短すぎる短パン、おじさん臭いシャツなど、、、

これまでお洒落に気を使った事のない学生はお洒落に迷走しやすいです。

服の色合いがミスマッチな大学生は非常に多いです。

また、モデルが着ていた独特なファッションに惹かれる気持ちは分かりますが、その背景が大学のキャンパスではマッチしない事が多いです。

人と違った個性的なお洒落をする事で場に合わない服装になっていたり、独特の雰囲気を醸し出してしまう事があります。

大学生になると服装や髪型がダサくても指摘してくれる人がほとんどいません。

そのため、どんどん迷走して行き、誰も指摘できない状態になっている大学生もいます。

実際に私の周囲にもお洒落で迷走している大学生が数名います。本人にはかなりのこだわりがあるようで、お洒落について指摘されている所は見たことありません。彼らからは近寄りがたい雰囲気が醸し出されており、友達と話している姿を見たことはありません。悪い人ではなくとも話しかけるのはハードルが高いようです。

 

ノリが合わない

大学生になるとともに高校までの自分から卒業しようと頑張る大学生は非常に多いです。

これまでのマイナスな性格を脱し、理想の自分になるために努力する姿は大変素晴らしいと思います。

しかし、頑張りすぎたためテンションやノリが周囲に合わず孤立する学生もいます。

面白くもない話を延々と続ける人、力を入れているのが伝わってきて疲れる人など、これまで積極的に話さなかった人が無理をして失敗するパターンは非常に多いです。

男子学生に多いのが、ゲームやアニメの話で熱くなる人です。

本人が夢中になっていても聞いている側がドン引きしていることもあります。

相手の反応を見ながら話す量や内容を変えられるようになりましょう。

また、静かなタイプの人にガンガン話しかけるのは迷惑と捉えられてしまう事もあります。

飲み会では特に注意が必要です。

実際にトークやテンションの上げ下げが下手な人は孤立している姿をよく見かけます。常につまらない話をしてくる学生は他の学生から避けられていますし、ノリが合わない大学生も同じです。

 

無理をして継続できない

「大学デビューをするんだ」と力を入れすぎて突然ボロが出る大学生もいます。

入学時の生活やSNSはキラキラしていたのに大学生活が数ヶ月続くと突然引きこもって暗くなったり、お洒落に気を使わなくなる大学生は大学デビューを失敗しがちです。

大学デビューを諦めるだけであれば問題ありませんが、突然負の考えを抱いて塞ぎ込んだりする大学生もいます。

大学入学時に無理な目標を立てる事がその原因だと思われます。

変に力を入れず、上手に手を抜く事ができることも大学生が身につけるべき1つのスキルです。

私の知り合いの中にも大学デビューを試みて失敗した学生がいます。炊事や洗濯のスキルがないにも関わらず、毎日続けようとしたこと、忙しい部活に真面目に取り組み続けた事がその原因でしょう。完璧を目指した結果、訳の分からない悪愚痴を言い出して友達まで失いました。非常にもったいないことです。

 

 

以上が大学デビューを成功させるポイントと失敗例です。

大事な大学デビューのチャンスを無駄にしないようこの記事を参考にして下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

大学関連
スポンサーリンク
スポンサーリンク
キャンパス・ライフ

コメント