AO推薦の大学生は馬鹿にされてしまうのか

大学関連

これから大学受験を迎える皆さんはどんな方法で合格を勝ち取りますか?

半数以上の学生は一般入試に挑みますが、中にはAO入試、推薦といったシステムを利用する学生も多くいます。

これらの受験システムを利用する学生の中には、「入学後に馬鹿にされるかもしれない」、「冷たい目で見られるかもしれない」といった不安を持つ方も多く見られます。

実際にネット上にはAO入試や推薦で入学した大学生を軽んじたり、中傷するような書き込みが多くあります。

偏った意見を見てAO入試や推薦にためらいを感じなくて済むよう、全国の大学生に実施したアンケート結果から、『一般入試を受けて入学した学生がAO、推薦利用者をどう思っているか』、『賛否の割合はどうなのか』をお伝えします。

 

スポンサーリンク

実施したアンケートについて

今回の調査では、大手アンケートサイトを利用して全国の大学生会員(私立大学を含む)にアンケートを実施し、「一般入試で合格した」と回答した方のデータ200件を無作為に抽選して集計しました。

(アンケートへの参加は1人1票に制限し、一般入試を受けた方のデータのみを使うことは公表していないため、複数投票や虚偽の回答の少ないアンケートになっています。)

 

AO、推薦学生をどう思うか

始めに一般入試を受けて大学に入学した学生に「AO、推薦を利用し、大学に入学した学生をどのように思いますか?」という記述式の質問をさせていただきました。

 

AO、推薦に賛成派

AO入試、推薦で大学に入学した学生は一般試験で入学した学生に比べ、就職率が低くなることがあります。

しかし、就職後に活躍する学生の割合が多いといった傾向もあります。

これらの受験システムを利用する学生は、積極的な自己PRや受け答えが上手にできなければなりません。

そのため、彼らにはアクティブさがあり、コミュニケーション能力も高くリーダー性を発揮する傾向があります。

こういった彼らの長所を知っている学生はAO、推薦学生を見下したりはしないでしょう。

 

実際に寄せられた意見にも「ポジティブで積極性があるから将来性がある」、「王道を行かないチャレンジ精神がすごいと思う」、「遊びもできて、勉強一筋といった印象がないから絡みやすい」といったものが多く寄せられました。

他には「様々な受験様式があった方が良い」、「AOや推薦も楽ではないと思う」、「自分たちより優れているポイントがあるのだから評価すべき」、「受験勉強並みに努力をしていれば悪い印象は持たない」、という意見もありました。

やはり、周囲に人を集める明るい性格とチャレンジ精神が表示されているようです。

 

AO、推薦に反対派

AO入試、推薦を利用して大学に入学することに対し、賛成の学生もいれば、反対の学生も多くいます。

受験期に努力を重ねた一般試験合格者にとって、AO入試や推薦を利用した学生は、楽をしているように見えます。

また、基本的に一般試験に合格した学生の方がAO入試や推薦を利用した学生より偏差値が高いといった傾向もあります。

非常に失礼な表現ですが、AO入試や推薦を利用した大学生の中には、高校時代を遊んで過ごしたために中学生レベルの学力で停滞している学生が多く存在しています。(私の通う国立大学にもいます)

必死の勉強の末に合格を手にした学生が、彼らを見たらどう思うでしょうか?

 

反対派の方から挙げられた意見にも「AO、推薦は馬鹿すぎる」、「1年生の英語の授業でAOの人の訳を聞いて泣いてしまった」、「受験期に堂々と遊んでいたのが許せない」、「勉強の話をしても言葉が通じない」といったものが多く挙げられました。

他にもAO入試や推薦のシステムへの反対意見、出願条件の甘さ指摘する声が寄せられました。

厳しい意見も絶えないことが見て取れます。

 

 

AO、推薦学生への賛否の割合

次に先ほどと同様の質問に3択で答えて頂きました。

「AO入試や推薦を利用した学生をどう思いますか?」という質問で、回答の種類は「良い」、「どちらでもない」、「悪い」です。

(関心のない方や中立的な意見を持つ方のために「どちらでもない」という選択肢を用意しました。)

 

結果は、AO入試や推薦を利用した学生を「良い」と評価したのは全体の26%(52人)で、「悪い」と評価したのは15%(30人)でした。

意外にも半数以上の学生は、中立的な立場であったり関心すら持っていないことが分かりました。

ネット上にはAO、推薦の大学生を批判する書き込みが溢れていますが、実際は2割程度しかいないことが判明しました。

262の法則を考えれば、全体の2割が悪い動きをするのは自然なことです。

 

気にしていても仕方がない

いかがでしたか、AO入試や推薦には賛成の人も反対の人もいます。

しかし実際のデータを見てみると、批判的な人はそれ以外の意見を持つ学生に比べると、かなり少ないことが分かりました。

それでもAO入試や推薦で入学した大学生が悪い評価を受けてしまうのは、嫌な思いをしている人がいるからでしょう。

また、すぐに「AO、推薦の学生だから」と言われてしますのは、社会的な風潮でもあるため、一般入試以外の受験方法がよりポピュラーになればイメージも変わるはずです。

批判的な意見など気にせず大学生活を楽しむべきですね!

 

 

関連記事にこちらもどうぞ

 

コメント